子宮内膜症とは?

  子宮内膜症は、簡潔にいうと『子宮以外の場所にも子宮内膜が出来てしまう病気』です。子宮内膜は本来、子宮の内腔だけに存在するものですが、時により他の場所にもそれが認められるようになってしまいます、それが子宮内膜症です。
 病気の根本は、非常に単純なものですが、このことが原因となって身体に現れる症状は多岐に渡るものであり、しかもその症状の中心にある痛みは、治療をしなければ時を重ねるごとに増悪し、激しいものになってしまいます。子宮内膜が出来てしまった場所にもよりますが、痛みは生理痛、性交痛だけでなく排便痛や胸痛を訴えることもあります。
 また、子宮内膜症は不妊症や卵巣がんの原因にもなりえます。ただ生理痛がひどいだけと考えて市販の痛み止めに頼らずきちんと治療を受けるようにしましょう。


 生理の周期に伴い、子宮の中では内膜が増殖と剥離を繰り返しています。
 子宮内膜は受精卵を受止めるベッドのようなもので、排卵があると増殖し、受精卵のためにふかふかのベッドを準備します。しかし、その後受精・着床しなければ不要ですので剥がれ落ち、体外に排出されます。これが月経です。
 不要になった子宮内膜は、本来なら月経時に体外に排出されます。しかし、本来の出口である下の方の子宮口ではでなく、上の方の卵管から腹腔内に出てしまう事もあります。
 逆流した月経血の中には、まだ生きた内膜細胞がいます。この内膜細胞は、子宮と直腸の間のダグラス窩や卵巣、骨盤外腹膜、卵管、腸などの子宮外のあらゆる所にくっつきます。もし生きたまま付着してしまうと、そこで内膜細胞は生命活動を開始します。すなわち本来、子宮の内側にある内膜細胞が、子宮の内腔以外の場所で増殖と剥離を繰り返すことになります。これが、子宮内膜症です。
 違う場所(異所性)に増殖した子宮内膜は、はじめは小さいものですが、どんどん増殖し、数カ月、数年経つと、ついには肉眼でもわかるようになります。そして、異所性子宮内膜は月経の周期に合わせて、増殖と剥離を繰り返します。つまり、月経が子宮以外の所で起こることになります。
 通常の生理なら月経血は子宮外に排出されますが、子宮外で出血した血液は組織間に貯留し、血腫を形成してブルーベリー・スポットと呼ばれる嚢胞を生じます。卵巣などではチョコレート嚢胞と呼ばれる強い癒着を引き起こす嚢胞になり、月経困難症(生理痛を参照)を引き起こします。
 また、逃げ場のないお腹の中の血は骨盤内の臓器どうしを癒着させます。直腸が他の臓器と癒着すれば、排便痛が出現します。卵管が他の臓器と癒着すれば、不妊症の原因にもなります。
 子宮筋層の中に生じたものは、子宮筋層の肥大化を起こし、子宮腺筋症と呼ばれます。

子宮内膜症とは?【症状】

 生理時には便が柔らかくなり、普段は便秘気味の人でも生理時には便通がよくなることがあります。普段便通の良い人は下痢をすることもあります。
 月経痛は、時を重ねるごとに次第に増強して行きます。ただし、無症状の場合もあります。
 子宮内膜症の症状は発生部位により異なります。体のどこにでも子宮内膜症は発生する可能性はあります。
 人間は立位か坐位が多いため、発生部位は下方、つまり骨盤内が最多です。中でも、子宮の後方が最も頻度が高く、多くの場合、月経痛を伴います。
 次いで多い部位は卵巣です。卵巣内に月経血が貯留するため、卵巣内に古い血液がどろどろになりチョコレート嚢胞とも呼ばれます。半数は無症状です。
 その他、臍周囲、鼠径部、膣内などもまれではありません。比較的まれな部位として、腹腔内のリンパの流れに乗り、右胸腔内に子宮内膜症が発生する場合もあります。この場合、月経時に右胸痛が発生することになります。
 合併症として不妊症となることもあります。
 腹腔内の血液が臓器どうしを癒着させますが、卵管が癒着すると、卵管の出入口がふさがれてしまい、卵子と精子とが出合えないために不妊症になってしまいます。
 また、卵巣ガンの発生原因となることもあります。
 子宮内膜症は卵巣ガンを発生しやすいことが明らかにされています。低用量ピルの服用または3、4回以上の出産により、排卵の回数を少なくすることによって子宮内膜症は予防、治療が可能です。これら2点ともにあまり経験しない日本人女性では、子宮内膜症から卵巣ガンを発生する女性が多いことが指摘されています。低用量ピルは、卵巣ガンの予防薬でもあることを認識する必要があります。

子宮内膜症とは?【治療】

 発生してから1、2年の初期なら完全に治ると言われています。しかし5年以上経過した患者さんでは、完治は難しくなります。
 病院(婦人科)での治療には、しばしば低用量ピルが用いられます。子宮以外の子宮内膜が生存するためには、子宮内の内膜よりも、多くの女性ホルモンを必要とすると考えられています。
 低用量ピルを服用することにより、エストロゲンを低い状態にすることができます。そのため子宮外の子宮内膜は死滅し、子宮内膜症が改善あるいは治癒します。
 低用量ピルは、副作用として血栓が出来やすくなります。因果関係は未だわかりませんが、死亡例も若干報告されています。血栓の前兆になる頭や胸、ふくらはぎの痛み、視野の異常などがあれば、すぐに処方している医師に連絡し、対応を取るようにしてください。
 他に子宮内膜症治療としては妊娠というものも挙げられます。妊娠すれば、内膜を増殖させるホルモンの分泌がなく、妊娠・授乳期間は、月経もこなくなります。この間に子宮内腔以外の内膜細胞の多くは死滅します。したがって、妊娠は子宮内膜症の治療の1つともいえます。
 もちろん、鍼灸治療も治療法の一つです。しかも低用量ピルのような副作用の心配もなく安全な治療です。当鍼灸院に来られている患者さんでも、生理の時には毎回、通常使用量の何倍も市販の鎮痛剤を飲んでいたのに、鍼灸治療を始めたら数ヶ月に時々鎮痛剤を通常量飲むだけで済むようになった方や痛み止めが全く要らなくなった方が大勢います。ぜひ、東洋医学も活用してみてください。
 鍼灸治療には様々な流派が有り、鍼灸師毎に鍼灸治療の仕方が全く異なります。当鍼灸院では、東洋医学に基づいた積聚治療という方法で鍼灸治療を施しております。積聚治療は、全身に鍼を接触させて行って治療を進めていきます。生理痛の原因が何にあるとしても全身の調子を整えつつ治療していきます。
 積聚治療では、どんな病名・症状であれ子宮内膜症など身体の不調の原因は『冷え』にあると考えています。ここでいう『冷え』という言葉は物理的に冷たいというだけのことではありません。簡単に書くと生命力の低下です。鍼灸治療を施すことにより、身体を芯から温め、冷えを取り、症状をとっていきます。表面的に現れている症状だけを取る一時しのぎの対症療法ではなく、原因から取り除く根本からの治療を行います。子宮内膜症でお悩みの方は、お早めに鍼灸治療をお試しください。


【関連ページ】

上へ戻る