生理痛(月経痛)とは?

 毎月、生理がやってくるたびにつらい生理痛に悩まされて、ゆううつになる女性も多いのではないでしょうか。生理痛は、生理の期間中や前後の期間に起こる下腹部、腰痛など骨盤を中心とした部位の痛みのことですが、人それぞれ症状も違いますし、痛む場所や痛みの程度も違ってきます。生理が始まった初日から2、3日目にピークを迎えることが多く見られます。
 女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンの分泌量は排卵後、急激に増え、受精卵が着床せずに生理が起こると一気に減少します。この大きなホルモンバランスの変化で、身体をコントロールする自律神経が乱れ、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。また黄体ホルモンは乳腺を発達させる、体温を上げる、体内の水分を引き出すなどの作用もあるため、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。生理の1、2週間前から生理が始まるまでにあらわれるこれらの症状は月経前症候群(PMS)とも呼ばれています。
 お腹が張ったりズキズキ痛んだり、腰を重たく感じたりと、その症状は人によって様々です。また、症状の重さにも個人差があり、痛み止めを服用しなくても日常生活をおくれる方もいれば、通常使用量の何倍も痛み止めを飲んでいる方、それでも日常生活をおくれない方など程度には大きな差がみられます。日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合は、月経困難症と呼ばれます。
 月経前症候群の他に、排卵痛や排卵の時の出血などがある方もいます。生理が終わって2週間後くらいに、少量の出血やおりものが茶色になるような症状が見られます。

生理痛とは?【原因】

 生理痛の大きな原因となっているのはプロスタグランジンというホルモンです。
 生理が起こると子宮内の膜が剥がれます。その時に痛みと熱と腫れを発生させるのがプロスタグランジンです。またこの炎症から胃痛や頭痛、吐き気やイライラを引き起こしていると言われています。以前はそれほど多く発生しなかったのではとも言われています。現代の環境が昔と大きく変わってきているからと思われます。
 昔と違い現代の女性は一生に経験する生理の回数が数倍になっている事が関係しているようです。初経年齢が低くなっているという事、さらに妊娠・出産の数が減っていること、高齢出産の増加、閉経年齢の上昇などが関係しています。そのためホルモンの分泌(月経)が行われる期間が多くなり、より子宮に変化が生じているからだと言われています。
 生理痛の大きな原因にストレスがあります。女性の社会進出で、生活習慣が大きく変わり、女性がストレスにさらされる事が多くなりました。このストレスから生理痛がひどくなる人は多く見られます。
 さらに食生活の変化も生理痛の原因と考えられています。冷たい食べ物や飲み物が簡単に摂取できるのは便利ですが健康面を考えると問題です。また、冷え性の女性も増え、むくみのある女性も多くなってきています。
 このような環境の変化に伴いセルフケアではコントロールできないような生理痛をもつ女性も増えているといわれています。


月経困難症

月経困難症は、大きく2つのタイプに分かれます。

 月経困難症は20代後半から多くなり、様々な症状は、生理初日から3日目ごろを過ぎても続き、生理期間以外にも痛みが生じることもあります。器質性月経困難症の原因には次のような物が考えられています。

 これらは不妊症の原因ともなります。将来、妊娠を希望される方は安易に市販薬に頼らず、早めにきちんと治療をされることをお勧めいたします。
 機能性月経困難症は、生理痛と同様、子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌量が多いことや子宮や卵巣が未成熟、冷え、ストレスなどが原因と考えられています。

生理痛とは?【治療】

 生理痛の治療には、低用量ピルを用いて生理を一時的に中断させることや鎮痛剤等が病院(婦人科など)では用いられています。
 もちろん、鍼灸治療は生理痛にも有効です。他の疾患の治療で来られている方に生理が最近楽になったと言われる事がしばしばあります。月経困難症とか月経前症候群、子宮内膜症など病院では様々な病名を付けられるかもしれませんが、鍼灸治療はこれらにも有効です。もちろん仕事のストレスなどが原因の場合にも効果を望めます。ぜひ、お早めに鍼灸治療をお試しください。
 鍼灸治療には様々な流派が有り、鍼灸師毎に鍼灸治療の仕方が全く異なります。当鍼灸院では、東洋医学に基づいた積聚治療という方法で鍼灸治療を施しております。積聚治療は、全身に鍼を接触させて行って治療を進めていきます。生理痛の原因が何にあるとしても全身の調子を整えつつ治療していきます。
 積聚治療では、どんな病名・症状であれ生理痛など身体の不調の原因は『冷え』にあると考えています。ここでいう『冷え』という言葉は物理的に冷たいというだけのことではありません。簡単に書くと生命力の低下です。鍼灸治療を施すことにより、身体を芯から温め、冷えを取り、症状をとっていきます。生理痛という表面的に現れている症状だけを取る一時しのぎの対症療法ではなく、原因から取り除く根本からの治療を行います。月経痛でお悩みの方は、お早めに鍼灸治療をお試しください。


 生理痛の改善には、日常生活に注意することも大切です。

 中にはホルモンのバランスを整える為に、豆乳を飲んだら月経前症候群が軽くなったという人もいます。
 市販の痛み止めを常用することは勧められません。痛みを少なくさせるのではなく、痛みを引き起こす元となっている原因から治療をすることが大切です。
 ストレスは自律神経を悪化させて、生理痛だけでなく色々な症状をうみだしていきます。胃痛や頭痛、冷え性の原因もストレスの可能性があります。ストレスを解消すれば、ホルモンのバランスがよくなり、生理痛の解消にもなります。日頃からストレスを溜めない生活を心がけると共に鍼灸治療でストレスケアを行うようにしていきましょう。


【関連ページ】

上へ戻る