カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

類似名称の治療院に関するお知らせ

2022年10月1日追記

 ご迷惑・ご心配をお掛けいたしましたが、とりあえず問題が一段落しましたのでご報告いたします。

 類似した治療院名に関しては、対象の鍼灸院が治療院名を変更すると言うことでまとまり、本日、院名が修正されたことを確認いたしました。ご迷惑をお掛けした方にはお詫びいたします。

 今後、同様の問題が起きたとき、すぐに対応出来るよう院名の商標登録を勧めております。すでに受理されており、問題が無ければ数ヶ月後に登録されます。登録が完了しましたら、こちらにも改めて記します。

 ご迷惑・ご心配をお掛けしたこと、改めてお詫びいたします。(2022/10/1追記 終わり)

以下、8/18、初期に記載分

 この度、同じ柏市内において当鍼灸院『すずめの森はり灸治療院』と院名の非常に類似した治療院が開院されました。

 この治療院は、当鍼灸院とは一切関係はございません。もちろん治療法や価格なども全く異なりますのでご注意ください。また、そちらの治療院で何らかのトラブルに遭ったとしても当鍼灸院では対応出来ませんので、ご理解ください。

 ご家族、ご友人を紹介する際は、『鳥のすずめ』の方とか『松葉町』の方と注意喚起していただくようお願いいたします。

 すずめの森はり灸治療院は、柏市松葉町に一店舗あるだけの鍼灸院です。系列店を出す予定もありませんし、移転の予定もありません。

 今後の対応につきましては、現在検討中ですが、今回は解決するのに時間がかかることが予想されます。ご理解のお願いと共にお間違いのないようにご注意ください。特にネット検索の際は、ご注意ください。

 すずめの森はり灸治療院は柏市松葉町に開業してから10数年経ちます。これまでも、ホームページを何度かコピーされたりしたことがあります。その都度、著作権の侵害などで、そうしたホームページを閉鎖するよう対応してきました。そして、今度はとうとう治療院名です。大手の飲食店チェーンなどで何度か目にしてきましたが、まさか、我が身にまで降りかかるとは思ってもいませんでした。

 たしかに院名を似せれば、勘違いした患者さんが来院するかもしれません。検索で間違ってくれれば自分のサイトが表示されます。でも、そんな不誠実なことをする治療家が信用され、患者さんが増えていき、10年、20年と開業し続けていけるとは思えません。それよりも失うものの方がはるかに大きいのではないでしょか?

 信用、信頼、そして、お金に資格。故意でなく、過失であっても商標権の侵害になると損害賠償が発生します。しかし、それだけでなく刑事罰の対象にもなりかねません。10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方。なかなか重いです。そうなればせっかく取得したはり師もきゅう師も、柔道整復師もあん摩マッサージ指圧師の資格も失いかねませんよ。そこまでは今の所するつもりはありませんが、今後の経過次第では考えざるを得ません。こちらが被害者なのに、類似院がかわいそうにも思えてきます。類似院と同名の保育園や公園、カフェなども名古屋や三重、那須など各地にあるのでせめて過失であって欲しいところです。この記事を読んで、すぐに院名の変更をしてくれる事を願っています。

 

カテゴリー: お願い, その他, ひとりごと | コメントをどうぞ

年明けの治療院は、5日からです

 今年も一年が、今日で終わりですね。今年もコロナ感染症に振り回された一年でしたが、家族・患者さん共々無事に終えることが出来ました。コロナ禍の中、厳しい状況下に置かれている方々もおられるかと思いますが、生き残りの厳しいこの業界でも無事今年一年も過ごせたことに感謝いたします。

 年明けの治療は、5日からとなっています。5日及び1月の土曜日の予約状況は、すでにいっぱいになっております。これから予約をご希望の方は、7日以降となります。年末年始は、食べ過ぎ、飲み過ぎによる体調不良が多く見られますので、感染対策はもちろんのこと体調管理にお気をつけ下さい。

カテゴリー: ひとりごと, 休診のお知らせ | コメントをどうぞ

年末年始の診療案内

 年内は、29日(水)まで施術しております。12/30(木)から1/4(火)は休診し、年始の施術は、5日(水)からの予定です。

 コロナ禍が始まって、二度目の年末となりますが、二年目の今年は感染者数も重傷者数もかなり減少し、昨年よりも安心して、過ごせるという方も多いかと思います。コロナ治療の最前線で働いてくださっている医療関係者の方々に感謝いたします。

 しばらく合っていない親族、友人と会う機会も多いことでしょう。我が家もここ数週間、しばらく合っていなかった親族と会う機会が続いています。でも、油断しすぎたら、また感染拡大しかねません。うがい、手洗い、マスクの着用など基本的な感染予防策に気をつけて羽を伸ばしすぎないように過ごしたいと思います。

 感染者数が増加に転じる気配が診られないので、もしかしたらこのまま日本では収束するかも、なんて甘い考えも頭をよぎっていましたが、恐れていた変異種の報道がとうとうありました。詳細はまだ分かりませんが、南アフリカで拡大し、香港への渡航者からも検出されたようです。感染力もデルタ株よりも高い可能性も示唆されているので注意が必要です。ウイルスを国内に持ち込まないという水際対策はまず無理だと思うので、結局は一人一人が注意し、気を引き締めるしかないのでしょうか。。第五波のように病院にも入れずに、亡くなっていく方が出ないことを願います。

 

カテゴリー: ひとりごと, 休診のお知らせ | コメントをどうぞ

パニック障害

 当鍼灸院には、腰痛、肩こりに限らず、様々な症状の方が来院されています。どんな病気・症状があるのか色々とホームページにも載せていますが、まだまだ載せることが出来ていないものもあります。そのうちの1つがパニック障害です。

 パニック障害の方はこれまでに何人も来られていますが、そのうちのお一人がお仕事で漫画家をやっておられます。

 このたび患者さんの目線から見たパニック障害をエッセイ風に漫画にされ、ネット配信されることになりました。

 パニック障害ってなに? どんな症状がでるの? どうしたらいいの? 症状の出方は人により全く異なりますが、お一人の患者さんの実体験が綴られています。

 患者さんから見ても参考になりますし、治療家から見ても患者さんに共感する上で役に立つ内容です。また、お知り合いの方がパニック障害で苦しんでいるなら気持ちを理解する上でも役に立つかもしれません。 

 ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 クロバ広場:パニック障害エッセイ漫画 

カテゴリー: ひとりごと, 健康情報, 鍼灸治療の効果 | コメントをどうぞ

桜皮

 急に暖かくなって、桜も一気に満開になりましたね。
 当鍼灸院の隣にある北柏幼稚園には大きな桜の木があります。ゆっくり花見に行けないときは、ちょっと歩いてお隣へ。

 昨日のお昼の写真です。

 夜だとこんな感じにライトアップされていて、昼間よりも魅惑的です。

 以前、梅が東洋医学でも身近な存在であり、梅にまつわる東洋医学に関する用語を説明しましたが、残念ながら桜にまつわる物はありません。
 現代では、桜を見に中国からもたくさんの旅行者が来ていますが、古代中国では桜の美しさはあまり浸透していなかったようですね。諸説あるようですがなぜなのでしょうか?

 でも、桜が東洋医学では無縁というわけではありません!
 今日のタイトルにもあるように、花ではなく、桜の木の皮です。
 
 桜皮(おうひ)は、漢方薬に用いられています。バラ科のヤマザクラなど、サクラ類の樹皮を乾燥したものです。
 漢方的には排膿、解毒などの効能があり、湿疹や蕁麻疹などに用いられています。
 しかし、桜皮は日本独特の処方で中学ではあまり使われていないようです。残念。。

 今日は、ちょこっとだけ足を伸ばして大堀川へ。ここの桜も見事です。

 たくさんの人が桜のトンネルを楽しんでいました。

 長い間放置気味だったホームページを最近頻繁に更新するようにしています。どこにも更新内容を記していないので、どこが変わったかほとんどの方が気づいておられないと思いますが、鍼灸治療の適応疾患のページを追加したり、新たに症例のページを設けました。
 よろしければどうぞご覧ください。

適応疾患のページ
アキレス腱炎
膝痛
眼精疲労
寝違い
逆子
症例のページ
突発性難聴の症例
顔面神経麻痺の症例
毎月のように肺炎を繰り返していた子供の症例
夜尿症の子供の症例

 時間の合間を縫って、昔のカルテを見返しながらの作業になりますのでかなりのんびりとした更新になりますが、鍼灸治療の素晴らしさを知っていただくためがんばります!

カテゴリー: ホームページ, 健康情報, , 鍼灸治療の効果 | コメントをどうぞ