三叉神経痛とは?

三叉神経とは?

三叉神経痛の 概要 、 症状 、 原因

三叉神経痛の 治療法 と 当鍼灸院での治療例

すずめの森はり灸院

三叉神経とは?

 三叉神経は、顔面の感覚を脳に伝える神経でこめかみの辺りで脳内から出て来ている神経です。左右それぞれにあり、眼神経、上顎神経、下顎神経の3本の枝に分かれています。三本に分かれているのでこのように名付けられているようです。熱い、冷たい、触られてる、痛い等顔面部の感覚を伝える神経です。それに加えて咀嚼(そしゃく)筋等の筋肉の動きを司っています。

上へ戻る

三叉神経痛とは?

 三叉神経痛は、三叉神経の3本(左右6本)のうちどれか1本の神経に神経痛が発生する疾患です。年間の発症率は10万人に対して4.3人程度で、男性よりやや女性に多いといわれています。中年以降に発症することが多く、最初に症状の現れる年齢の平均は56歳ぐらいで、顔面の痛みの代表的な疾患です。
 三叉神経には三つの枝があって一番上の枝がおでこ、2番目の枝が頬、3番目の枝が下あご付近に分布しています。神経の分布に従ってそれぞれの範囲に痛みが発生するのが特徴です。1本の枝にだけ痛みが出る場合と、2本以上にでることがあります。たとえば1番目と2番目(おでこと頬)、あるいは2番目と3番目(頬と下あご)というような分布の痛みが起こります。
 時々、顔面神経痛という言葉を聞きますが顔面神経は、顔の筋肉の動かす時に使われる神経で痛み等の感覚を伝える神経ではありません。ですから、正しくは顔面神経痛ではなく三叉神経痛もしくは顔面痛です。

上へ戻る

三叉神経痛とは?【症状】

 非常に強い痛みが突発的に起こります。電撃が走るような痛みで、数秒のものがほとんどです。長く続いてもせいぜい数十秒程度です。5分10分と続くような痛み、じりじりとした痛みなどは三叉神経痛ではないことがあります。
 三叉神経痛では痛みは様々な動作で誘発されます。洗顔、お化粧、ひげそり、会話、歯磨き、風に当たるなど些細なことで顔面に痛みが走ります。食事の際に口を動かすことにより痛みが誘発されることもあります。つめたい水を飲むと痛みが走ることもあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると、顔面に痛みが走ることがあります。 季節によって痛みが変動するのも特徴で、11月や2月に痛みがひどくなる方が多く見られます。

上へ戻る

三叉神経痛とは?【原因】

 三叉神経痛は原因不明の特発性三叉神経痛と、脳動静脈奇形や脳腫瘍などで三叉神経が圧迫されるために生じる 症候性三叉神経痛とがあります。 特発性三叉神経痛と診断された場合でも脳動脈による圧迫が原因と考えられることも多いと報告されています。
 三叉神経痛は通常は片側性です。両側に生じる場合は 多発性硬化症が疑われます。発症年齢が45歳以下であれば 症候性の 三叉神経痛の可能性があります。
 三叉神経痛のように顔に痛みを出す疾患としては、帯状疱疹後の三叉神経痛があります。帯状疱疹はウイルスが原因の皮膚の病気です。水ぼうそうのウイルスの親戚ですので、皮膚症状は水ぼうそうのような小さな水ぶくれがいくつもできた後、かさぶたになるのが特徴です。帯状疱疹のウイルスは神経にひそんで、神経に沿って症状を出します。顔では三叉神経の分布に一致した皮膚の症状(皮疹)が出ます。過去に顔に帯状疱疹がおこったことがあると、特発性三叉神経痛と同じような痛みが出てくることがあります。痛みの性質だけでは判別がつきません。帯状疱疹が顔に出たことがなかったかよく問診し、思い出していただくことが区別の手がかりです。
 このほかに、顔の痛みは、副鼻腔炎、脳梗塞、たくさんの歯を抜いた後などいろいろな理由でおこります。

上へ戻る

三叉神経痛とは?【治療】

 ペインクリニックなど病院での三叉神経痛の治療は、多く場合内服薬が用いられます。8割程度の方は服薬で治ると言われています。三叉神経ブロックが行われることもあります。その場合、顔にしびれたような感覚がのこることもあります。
 服薬で治らないときや脳腫瘍が原因の時は、手術が行われます。常に痛みがあり、長い年数をかけて徐々に増悪しているときは、腫瘍の可能性があります。お早めに病院で精密検査を受けてください。
 三叉神経痛を初め各種の神経痛には鍼灸治療が効果的です。鍼灸治療は各種の神経痛に対して効果的なので保険療養費の支給適用となる疾患として厚生省にも認められています。(保険適用するには医師の同意書が必要です)


 鍼灸治療には様々な流派が有り、鍼灸師毎に鍼灸治療の仕方が全く異なります。当鍼灸院では、東洋医学に基づいた積聚治療という方法で鍼灸治療を施しております。積聚治療は、全身に鍼を接触させて行って治療を進めていきます。三叉神経痛であれ、どんな病気・症状でも全身の調子を整えつつお悩みを治療していきます。顔が痛いからといって、必ずしも顔に鍼をするわけではありません。そこに鍼をしなくても三叉神経痛の強い痛みは楽になります。
 積聚治療では、顔面痛などお身体の不調の原因は『冷え』にあると考えています。ここでいう『冷え』という言葉は物理的に冷たいというだけのことではありません。簡単に書くと生命力の低下です。
 ですから、顔面が痛いからといって、患部だけを治療するのではなく、全身的な治療を行います。そのようにすることにより、症状の本当の原因となっている『冷え』を取り除き、症状を緩和させていきます。驚かれる患者さんも多くおられますが、背中やお腹、あるいは損傷した部位と左右反対に鍼をしているとお顔の症状が取れていく事がしばしばです。
 鍼灸治療を施すことにより、身体を芯から温め、冷えを取り、症状をとっていきます。痛みという症状だけを取る一時しのぎの対症療法ではなく、三叉神経痛を生じさせてしまった身体の内部の原因から取り除く、根本からの治療を行います。
 三叉神経痛のつらい症状から早く解放されたい時は、お早めに鍼灸治療をお試しください。

上へ戻る

三叉神経痛 【臨床例】

【症例 1】

 守谷市在住 30代 女性
主訴 : 耳のあたりの皮膚の痛み
現病歴 : 10年ほど前から発症。外耳炎と併発。以後、痛みが出ないときもあるが、出始めるとほとんど毎日痛むようになる。脳の他の問題も疑われ精密検査も行ったが異常なし。
既往歴 : 中学時代に左足首捻挫及び小趾骨折。
      20歳 スノーボードで崖から転落、頭部強打
所見 : 腹部は圧痛はないが、臍周囲や下腹部は触れると非常にくすぐったがる。また、臍の周辺にやや硬い塊を触れる
     顎関節周辺は、痛みはないが硬い。頸部は圧痛はないが熱感あり

【治療】

 初診時は、まず最初に積聚治療の基本的な治療を行いました。その後、補助的に左足の指の付け根付近のツボに強い反応が出ていたので、そこに優しく鍼を接触させ刺激を与えました。
 二診目(初診時から7日後)、それまでは毎日痛かったが、初回の治療後、週に3日程度に減少。前回は腹部に圧痛は見られなかったが、今回はみぞおち部分に圧痛が出る。腹部の反応が変化したので幾らか異なりますがこの日も、前回同様積聚治療の基本的な治療をまずは行いました。背部を治療する際に知熱灸(暖かいお灸)を使用。知熱灸に関してはお灸に関する質問集を参照してください。左側の顎関節部分に強い反応が出ていたため、補助治療として反対側の右側に鍼を接触させる。
 三診目(初診時から22日後)、二診目以後痛みはほとんど無し。1週間に一度あるかないかぐらい。前回、同様みぞおち部分に圧痛があり。新たな症状として左手首の痛みを訴える。積聚治療の基本治療を行った後、確認すると未だ左手の指の付け根の部分のツボに強い痛みが残っており、そこに鍼をしばらく接触させる。頸部にも圧痛が出るようになったが、基本的な治療を行うだけで寛解。
 松戸に転居することになり、落ち着いたら再び来院できるが、準備や片付け等で慌ただしくなるためしばらく通院ができなくなるかもと言われる。そのため治療後も持続的に刺激できるように顎関節部分に皮内鍼を貼付。自分でも張り替えられるよう数枚処方。
 三診目以後、三叉神経痛の症状は出なくなり三叉神経痛の治療は終了。

【考察】

 20歳の時にスノーボードで崖から転落し、頭部を強打した事が大きな問題と思われます。十分な治療を行わなかったためそこから冷えが生じ、当初は、首の痛み程度で済んでいたものが、時間とともに着実に広がり、ストレスの増加をきっかけに今回の症状を呈するようになったものと思われます。
 10年間も継続した症状だとなかなか治らないこともありますが、この方は基本的な治療をしただけでもお腹の反応も随分変化していく状態でした。長い経過を辿っていますが、まだ若いことも有り、精気の虚があまり悪化はしていなかったと思われます。
 本来なら頸部の治療も行うところですが、他の治療を行って行くだけでも頚部の所見も随分変化し、改善していくので、特に頚部の治療は行いませんでした。
 長い経過を辿ってきた方でも随分と症状が軽くなる方は多くおられます。ぜひ、お早めに鍼灸治療をお試しください。

上へ戻る

【関連ページ】

上へ戻る