カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日本鍼灸神経科学会 定例研究会の報告

 先日、タイトルにある講習会に行ってきました。

 日本鍼灸神経科学会は、千葉鍼灸学会から移行した団体で、パーキンソン病を始めとした脳神経系の病気に対する鍼灸の効果を科学的に考察していく会です。

 今回のタイトルは脳科学と神経内科疾患~パーキンソン病編でした。

 今回は、数ヶ月前にNHKためしてガッテンでも登場した先生方の発表も楽しむことが出来ました。

 その1つが、パーキンソン病への運動療法からのアプローチです。運動療法が大事なのはわかってはいるのですが、なかなか患者の近くに無く、困りますが、患者会からの要望で各所に増えてきているようです。興味のある方はパーキンソン病友の会やPD Cafe へお問い合わせください。 PD Cafe のホームページには、運動療法の行い方も載せられています。試験的にオンラインジムも行なっているようです。

 大事なのは、『つながり』であることが強調されていました。孤立することは様々な問題を生み出しますので、ぜひ仲間たちと楽しんで大きな動作で運動療法を行なってください。

 パーキンソン病関連以外にも、リスクマネジメントや海外でお灸を使用して結核などと闘う活動をしている方の話も聞くことが出来ました。

 様々な面でクレーマーが多くなっていますが、そのようにさせてしまうのには対応する人にも問題はあります。

 当院では初めて来られる患者さんには、使用する鍼を実際に見せて説明しています。その際によく『いろんな鍼灸院に行ってきたけどここまで説明してくれたところ初めてです』と、言われます。善良な患者さんをこちらの失態でクレーマーにさせてしまわないようにこれからも様々な事柄をきめ細かい説明を心がけるようにしたいと思います。

 日本鍼灸神経科学会の講習会はこれまでも何度も参加してきましたが、今回は特に実りある一日でした。忙しい中、こうした講習の機会を設けてくださっているスタッフや役員の方々に感謝します。

カテゴリー: 未分類, 鍼灸講習会・学会報告 | コメントをどうぞ

療養費の取り扱いの改訂

 暑い日が続きますが、体調は如何でしょうか?
 いつも自宅に併設された鍼灸院にいるので半ば引きこもり状態の私ですが、今日は都内に出向き講習会に行ってきました。あついですね。。。

 余りに暑いので地下街に逃げたら今度は出口が分からず、大分さまよってしまいました。

 ようやくたどり着いた今日の講習会は療養費の講習。わかりやすく書けば保険で鍼灸を行うための講習会です。

 何年か毎に少しづつ改訂されるのですが、今年の改訂が大規模だったので改めて講習に行ってきました。
 改訂された内容を何度も読んで理解はしていたのですが、改訂された内容が多い事、またお役所(法規)の文章が余りにもわかり辛い文章であるので、知らずに不正な請求をしてしまわないようきちんと学んで来ました

 今回改訂された点、細かく書くと多数ありますが、ざっくばらんに書くと

・長距離の往療費減額
・同意書の有効期間の変更
・受領委任払の制度化
そして、それらに伴う様々な変更です。

 往療は、これまで2キロ毎に加算されていましたが、細かい為、故意あるいは過失による過剰な請求が多くあったようです。そのため今回から細かい加算は無くなり、結果的に長距離の往診は大幅な減額となりました。鍼灸師は足じゃなくて腕で稼ぐと言う事ですかね。
 当鍼灸院では基本的に新規の往診は受け付けていませんし、今の所ほとんど影響は無い変更です。往診の不正請求で稼いでいた所は大きな痛手でしょうね。

 同意書の有効期間はこれまでの3ヶ月から6ヶ月に変更されました。そしてそれに伴い、文書での同意や施術経過報告書の提出が義務化されました。
 当鍼灸院では、これまでも文書で再同意を取っていましたし、医療に関わる者として報告書も当然作成するものと認識していましたので期間が伸びたことは単純に業務負担が楽になり嬉しい改訂です。ただ書式が決められてしまうので最初は少し戸惑うことになるかと思います。

 一番大きな受領委任制に関しては多岐に渡りここに書いて要られませんが、嬉しい改訂です。
 様々な書類もあり、責任も増えるので大変でしょうが、願わくば多くの保険者(保険組合)が今回の改訂に対応してくださいますように。
 細部に渉る改訂が多くまだまだ消化しきれていませんが、私だけでなく他の方たちもわからないことが沢山あるようで質疑応答はかなり紛糾していました。協会・組合もまだ手探り状態とのことなので仕方ないですね。
 恣意的に解釈できそうな文章もあり保険組合の出方もちょっと怖いですが、これから鍼灸治療が広く受け入れられていく一歩となるのではと感じさせる改訂でした。

カテゴリー: 未分類, 鍼灸講習会・学会報告 | コメントをどうぞ

柏プレミアム商品券

10000円で13000円分の買い物ができるプレミアム商品券。

 当鍼灸院でも柏市のプレミアム商品券が使用できますので、ぜひご活用ください。

 1000円券、500円券ともに使用できます。

 購入を忘れていた方は7/16より、プレミアム商品券のホームページより第二次募集が始まりますのでお買い求めください。

 尚、保険診療をしている方は、保険の自己負担分の金額にはご利用できませんのでご注意ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お知らせ

★ 五月から駐車場が変わります。
★ 4月中は、新規の患者さんの受け入れを中止します。

 これまで、少し離れたところにある第二染谷駐車場を使用しておりましたが、4月末日を持って急遽こちらの駐車場が閉鎖されることになりました。
 最近近所の駐車場が何箇所も閉鎖され戸建て住宅が建っているので心配はしていましたが、あまりにも突然の連絡でこちらも戸惑っています。
 新しい駐車場は、当鍼灸院の敷地内に作る予定です。鍼灸院の玄関は、北側道路に面していますが、新駐車場は裏側の南側道路沿いになります。袋小路になっている狭い道路のためご不便をお掛けするかもしれませんがご了承ください。

 こちらの駐車場は、五月からの使用です。現在は軽自動車専用なので拡張するとともに玄関までの安全を確保した通路をこれから整備していかなくてはなりません。植木の根っこをとり、フキの畑を移動し、通路にきちんと敷石を敷詰め、照明も設置、ホームページの修正、看板・・・。
 当初から4月は公私ともにスケジュールが過密だった所に駐車場の問題も加わり身体がもう一つ欲しい状況です。
 こうした状況のため申し訳ありませんが、4月中は新しい患者さんの治療はお断りすることにしました。五月からはこれまで通り新しい患者さんも喜んで治療します。それまでお待ちください。

 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

リンクの否認

 先日から書いていますが、先日までミラーサイトによる被害を受けていました。それに対して自分の取った対策を順番に記しています。
 今回は、リンクの否認です。
 前回書いた rel=”nofollow” 設定 では、こちらから信用していないリンクですと宣言することが出来ますが、相手からのリンクはついたままで、それがどのような影響を及ぼしているかわかりません。そのため、引き続きリンクの否認という段階を踏ませていただきました。
 グーグルによると、こちらは、『PageRank を操作する意図のある悪質なリンクや品質の低いリンクがある場合は、そのリンクを否認することができます。つまり、Google でサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができます。』と書いてあります。まさに今回のようなケースです。

 ただ、注意書きも書かれています。高度な機能であるため、慎重に使用する必要があるとされています。ど素人のみなのでこの一文を読んで悩みました。。
 でも、色々と調べてみるとそんなに大変な作業でもないようですし、明らかに今回は品質の低いリンクが大量で、影響を受けてることがはっきりとしていたので、試してみることにしました。

 詳しい作業方法等はグーグルのこちらのページに記されています。リンクの否認
 またこちらのページではこの機能に関する詳しい内容が記されています。参考にしてください。リンクの否認ツールのQ&A

 『Google では独自のアルゴリズムを開発してネガティブ SEO へ対策を実施していますので、ほとんどのウェブマスターの皆さまはネガティブ SEO について心配する必要はありません。』

 との一文もありますが、私のサイトは2、30程順位を落としました。先日書いた rel=”nofollow” 設定をしたところ順位が半分程度は短期間で回復しました。逆SEOへ対策をしていると記していますが、行っている方もあの手この手と様々な方法で行ってるから完璧には行かないようですね。
 リンク先のサイトにも書いてありますが、リンクの否認をしただけでは対策としては不十分です。ですが、できることを行いました。

 こちらの機能を使うためにも、先日から書いているグーグルのサイトマネージャーツールに無料登録しておくことが必要です。サイトの管理をしている方は、もしもの時のために登録しておいたほうが良いかと思います。次にとった著作権侵害による削除申請も関連記事
逆SEO対策への対策
逆SEO対策への対策2
rel=”nofollow”
リンクの否認
著作権侵害による削除
「.htaccess」ファイルサイトマネージャツールに登録が必要となります。詳しい内容はまた後日( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ